私の愛は自由です

ハロワに受付に行ったあとの7日間の待機期間で、一切仕事をしてはいけない状態にあるということに気づいたので、今のうちに色々片付けようと出かけたのだが、東京の真ん中あたりは三連休でとても混んでいた。いつもこうなんだろうけど慣れていないのでへとへとになった。

東京はすごいよ。井の頭線から渋谷で銀座線に乗り換えるのに一旦外放り出されるやつか〜!出されるやつか〜!この景色は見覚えあるぞ〜!乗り換えできない。新宿とかで「わざとぶつかってくる人」にもしも今やられたとしたらここで泣くから最初からキレてるくらいで歩いてくぞ。今、肩がぶつかって振り返ったのは、睨み利かす為じゃなくて、心配だったから。邪魔だと思いながら、邪魔だと思われながら、歩いていく。反対側のホームを乗りたかった電車が走ってく。もうダメだ。できない。

久々に友達と会えて楽しくても、疲れてしまう。どこ行っても、人が多すぎる。食事する時の周りの音が、大きすぎる。帰ってゆっくりして〜みたいな気持ちのほうが、おおきくなってしまう。トイレでうとうとしちゃう。昨晩のハイライトはDouble ExposureのMy Love Is Freeで、ソウルの多幸感は永遠だ。朝マック買って帰った。食いながら歩いた。ウーバーイーツの登録センターにすらすんなり行けなかった…と寝起きの彼氏に話す。朝マック食いながら大丈夫や、と言われる。大丈夫じゃない…。ただGoogle Mapがどうにかしてくれる可能性はある…。舐めとったね…。

数時間だけ寝て、東京モノレール駅でやってる文学フリマへ。コミティアも行きたかったけど、あまり眠っていないし疲れているので、今回は見送り、回るブースを最初から絞り、すぐ撤収しようと決める。案の定行きの電車でメソメソして泣けてきたので、よしよし、作戦通りだな〜疲れてるな〜と思いつつ向かい、30分ぐらいで出る。のちのち欲しい本でてくるし、この機会逃すと買えない本だったりするしすごい悔しいのですが…。で、さらに寄りたい場所とかも出てくるけど、きりがないのでできるだけそのまま帰ります。たくさんの本抱えて眠ります、効きます。

 


Double Exposure - My Love Is Free