駅のホームのよくわからないテーブルになりそうな、肩より少し高いくらいの何かに飲みかけの缶ビールを置きながら、電車を待っていた。バッグの中に袋の空いたあられせんべいみたいのが入っているから、鞄に手を突っ込んでつまみが食べられる。飲み屋で数杯飲んで帰りの乗換駅で飲み足りずに追加し、最寄りについてから帰り道でまた追加したが、寒くて冷えたビールを持っている手が固くなった。結構苦労して帰宅。どうしてそこそこで止めないで最後までやるのか。パターン化しているが、飲んだ帰りにコンビニで2,5食分くらい買って、部屋で飲みながら全部食べる。どちらかというと体からの欲求で久々に苦しいほど食べたが、吐いたりしなかった。責任持って吸収するしかない。二日連続で深酒と過食したが吐かなかった。普通に胃が苦しくて吐いたほうが楽だろうが、後悔や罪悪感が薄いというのと、眼圧をかけたくない。生理前やホルモンバランスの関係だったりでこれからも食い過ぎることはあるだろうが、もう本当にひどいところまでは行かないような気がする。どうだろう。体重はもう二ヶ月測っていない。でも去年の冬ほど太っていないだろう。どのみち、どんなに多く見積もったとしても標準体型には収まっているに決っている。自分のやることはそこじゃないことに気が付かなきゃいけない。

化粧を落とさずに眠ってしまった。めったにやらないことだが、疲れていたし落ち込んでいたし動けなかった。翌日も天気がよく、花に水をやるのが限界。アルコールの代謝で憂鬱なんだとおもうことに。熱い風呂に長く入った。休みの日にかかってくる別の仕事の電話はすべて無視し、入っていた小さい用事はキャンセルして食事し、酒を飲んだ。今まで無欠勤で人の穴埋めばかりしてきたから、風邪でもないのにズル休みでも、今度してみようかななんて思ったりしている。

友人が取り計らってくれたのもあり、紹介された感じのいい人と同じ方向だったので途中まで一緒に帰ったのだが、別の友人からそれをすごく怒られてしまう。もっと気を使わなきゃいけないとかもっと計算しなきゃいけないとかのアドバイスだった。一瞬何もかもが煩わしくなり、全てどうでもよくなったが持ちこたえた。こういう私なら、どうやろうと、どんな人ともうまくいきっこない、くらいのことを言われると、そうだよなと、そんなはずないの両方を思う。独りよがりなんだろう。でも結果どうなるかなんてわからないし、成功や失敗がそのままの世界だとは思わない。そういう言葉からしてあまり好きじゃないな。私は恋愛で自己表現したいんだろうか。自分がもっとよくなる為にアドバイスを受けるとか正直に物を言ってもらう、というのを、今の私は求められない。注意や批判ならば仕方ないのかもしれない。でも、向上するより先に立て直さなければ。もっとやるべきことがあるんだよなとおもう。そういう意味での仕事。