今年一本目の映画館での映画。去年は三日だかにこの世界の片隅にをみて大変しんどかった気がする。それでも去年は人生で最も多く映画館へ足を運んだ年だった。今年もいい映画がたくさん公開されるのに出会いたいな。

その後、少し迷ってセールで服を買う。物を選んで買えるということができるようになっただけ、それくらいで充分だ。自分はそのくらいのことができるだけでマシなんだと思うことにしよう。しかしどこを見ても同じような服しか見つけられない。だいぶ値がはったが、金色の刺繍のワンピースを買った。身につける物に物語が欲しい。だから古着や貰い物の道具の方がずっと面白い。

 

髪を切りたかったが、普段は知り合いの美容師に頼んでいるものの都合が付かなかったので、行ったことのない美容室に思いつきで行くことに。切るとまとまらなくなると思います、かなり難しいと思います、と言われ続け、まず切りたくてここに来てるんだけどなあ、と思いながら頑張ってお願いして切ってもらった。しかし消耗した。苦労しててでも知り合いのところへ行くべきだった。医者に怒られる(怒られているように感じる)のがマジでしんどい、というのと同じような感じで、美容師に怒られているかのように感じた。何か別の理由で仕事したくないんだろうか?と考えてしまう。千円カットとかならラクなんだけどなあ、と思うのだが、今回は入る勇気が無かった。

美容室で消耗したせいか、急に「生きているのが怖い」状態になる。ああ…生きているのが…怖い…無性に…怖い…無理だ…。状態が悪いんだろう、調子に乗りすぎたと思って帰宅することにした。