夕方に昼寝のつもりで寝たら翌日の昼まで起きずにいた。思った以上に体が疲れているのか、それにしても寝すぎだ。何か物を食べる夢をよく見るが、あらゆる夢をみるってくらいに様々な夢をみる。些細な夢すぎて、目が覚めても現実なのかわからなくなる。

仕事を断って家から一歩も出ずにいた。雨だったのでそうしてよかった。本を一冊読み、たまっていたラジオを聞いて、部屋の掃除をした。二日続けて昼が過ぎるとお酒を飲んだ。一気に顔が浮腫むし食欲も増してしまう。塩分も摂り過ぎだ。けれどそれ以上に体に悪いことはしばらくは物理的に無理で好都合だ。正月料理も餅もひとつも食わずに過ごしたし、多少の不摂生は自分の中で許すとしよう。

 

友人の旦那がふざけている携帯で撮った動画を耳元にあててよく聴いていると話したら友人にドン引きされた。その動画に写っている友人の旦那ではなく、その奥で、私がいいなあと思っている人が話している声が聞こえる、のだが、友人にはそんな声はいくら耳をすませても聞こえないらしい。それを聞いて何してんのとからかわれるのだが私としては純情だ。誰かを好きになるとなぜその声がよく聞こえるようになるのだろう?その声がいいなあと思えるのだろう?例え欠点でも特徴的な美点に思える。

あんまり誰かに対してこういう気持ちになることが、長い間なかったから、自分の為にそういう気持ちを失いたくない。もう少し浮ついた気持ちをどこかで持っていたい。