イベントに懐かしい思い出がこれと言ってないし、今年のクリスマスも例年通り何事もなく過ぎていく。ドラッグストアで数人の男子大学生がお菓子を買い込むのを恥ずかしそうに店員に見られたとはしゃいでいるので、私もアサヒスーパードライを買った。さすがにうまかった。それは一本だけで、あとは金麦を六本。いつもビールは、クリアアサヒか、グリーンラベルか。なんかむしろ安いビールの方がうまいくらいに思ってしまう。上司にもらったシュトーレンを薄く切って食べた。ラムレーズンの味がして美味しかった。24日も25日も通夜のバイトがあり、料理長に空いてるの?寂しいな、と笑われるのと、遺族の方に、嫌じゃなければ余った料理持って帰ってね、クリスマスにありがとうね、と言われたので、そういう日だと思いだした。帰り道に、赤に変わるギリギリの信号を、手を引いて走って渡るカップルを見ている時に、一番それを感じた。楽しそうだな、私にもそういう瞬間ってあったかなと、振り返った。