コンビニでワインを買ったら駐車場で落として割った。パキャンといい音がしてワインの匂いが広がった。ビニールにガラスの破片を集めて、もう一度同じワインを買い直して帰った。寒いのに、なんだよな、と思った。帰宅して飲酒開始。ここまで酔っ払うのは久々だなあと思いながら部屋の明かりを消そうとしたらよろめいてテーブルの上に座り込んでしまい、デスクトップのパソコンが床に落ちた。音が出続けているので、強制終了させて、そのまま布団に入った。めっちゃくちゃで、灰皿が逆さまになっていて、布団に火が着かねえかなと頭をよぎるが、もうなにもできない。誰か部屋に水を撒いてくれと願った。

確かにこの行動力と酒の飲み過ぎ、躁なのかもしれない。でも怒ったりなんかはしてないんだよな。すっかり昔の自分に戻ってしまったかのようだ。元々がだらしなくてうるさい奴だったのだから。髪の毛一本落ちているのも許せないような時期があったとは思えないよなと思うが、強迫性障害にも効く薬だから、そういう風に効いているってことなのだろうか。でもバランス取れてるかと言えばそうではないのはそうだろう。母親は私のことを別人だと言って嘆くが、昔の私を忘れたのか、涙流しっぱなしで動けない私に戻って欲しいというのだろうか…。