私が情熱と呼ぶものは

多分、これを禁煙に失敗したと言うんだろうなと思う。というような状態だ。そして私はすっかり元通りの私に戻った。それは、私が自分で言う「私自身になった」これまでになく。というような感覚からは程遠い。つまり、普通だ。私が待っていた激情、劇場型の人生は、躁になる感情の起伏だ。今では私は、すっかり、よい。安定している。悲しみの波が引いて、通常の皮膚感覚を取り戻した。内臓は元の機能を思い出している、過程にある、はずだ。人当たりがよく、快活で、それなりにだらしがない。そんなもんだ。