以前は日にコーヒーを10杯とか飲んでいた。缶コーヒーは嫌いなので、インスタントコーヒーで。砂糖はいれずにクリープを入れる。このクリープを盛り盛り入れるのが好きだったが、これはちょっとマズイなと気づいてから、クリープは控えめに。今は一日三杯くらいに減らした。ブラックか、クリープを少し。はじめはたしか結構辛かったように思う。煙草を吸っていたからなおさら。でも今はなんてこと無い。ただ、カフェインを一切摂らないようにしてみようとしたことがあり、その時は眠くて仕方なくなった。純粋にカフェインの影響なのかわからないけれど。これ以上なにかを制限したくないから、カフェインくらいは気にせずにいたい。

朝の五時に起きて朝食。食べるのにちょうどいいものが見当たらず、朝からこれを食べるのは絶対よくないということはわかったけど、やけくそな気持ちで中本の北極星とかいう激辛カップ麺を食べた。唇がしびれるが、だからなんだよ…という気持ち。カップ麺は塩分が気になるのでめったなことでは食べないのだが。用事を済ますにもまだどこも閉まっているので読みさしの本を読み切り、明るくなってから図書館、郵便局へいき、コンビニのATMを使おうと並んでいたが、前に使っている人が長い。長過ぎる。一体なにをやってるんだ?イライラして気が遠くなってくる。というか泣きそうだ。すいません、私一瞬で終わるんで先にやらせてください、と言いたくなったが、あと数十秒待とう、と繰り返して黙って待った。やっとATMの前に立った時には怒りで脱力している。過剰だ。

一旦帰宅し、昼食。なんで腹が減っちゃうかなあと。いよいよここまで来たけどまだ序の口だ。人前で泣くことなどそうそう無いが、目玉焼きを口に入れながら泣いていたら母に早く病院に行きなさいと忠告。明日だ。明日行く。感情の機微で涙が速攻で溢れてくる。スーパーをうろうろし、ビールを買う。会計で、お金がなさ過ぎるのが不安になって本気で憂鬱だ。病院に行くとお金がかかるというのが気になりすぎる。もっと具合悪くなって今より稼げなくなって、なんなら無職になって、そしたらもっと悪循環になり…と働かない頭で考える。帰宅して昼過ぎから晩酌と称して酒を飲み始める。一瞬で機嫌がよくなるが、次の瞬間にはもとより不機嫌になっている。誰かに愛想を振りまいたり、喧嘩を売ったりできそうだ。この調子を外でやっていると、人から殴られる日も遠くない。

時間が過ぎるのが遅すぎる。やり過ごせない。働いている方が全然いい。こんな状態で、意識があるままでいるのが苦痛すぎる。みんなこうなのか、自分が甘えているのか?何か薬でも飲んで半日くらい眠ってしまいたい。人からお酒をやめたほうがいいなどと言われると本当に悲しくなる。ストレス発散より新たなストレスの種になっていることは承知だが、酒を飲まなければ一生素面でいるしかない。お酒を飲まない人だっているのに。煙草だってやめた、酒くらいは。こんなに我慢してるのに!という不満でいっぱい。何もかもちょうどよくやることができない。この先、別に断酒しなくとも、お酒と適度な付き合い方ができるという道もあるはずだ、とまだ思っている。何が怖いって一番怖いのが酒だ。飲むこともやめることも怖い。

夕方、電池が切れるように一度寝る。上手く行って明日の朝まで寝てられないかなと思ったが二時間で目が覚めた。すごくよく寝た気がしたが。外から打ち上げ花火の音がするので窓の外を覗いたが見当たらなかった。三十分以上、ずっと音だけがしていて、フィナーレまでしっかりあった。平日だが、どこかで催しでもあるのか。なんだか取り残されているような、じりじりして嫌な感じだ。寝ていられないので、夏らしく山下達郎でも聴いてみるかとLOVE TALKIN’ この曲が一番好きだ。イントロから多幸感でいっぱいになる。けど、今はその効果も持続しない…。テレビのバラエティをみよう。時間を好きに使ってもいい。歯を食いしばって自由な時間が過ぎるのに耐える。