三連休の初日、今日は飲みに行って煙草を二本、貰って吸ってしまった。時々そういうことをしてしまうし、吸いたくなるのがうっとおしいので、また薬を飲んでいる、だから吸っても美味くはない。薬をすっかりやめて、涙が出るほど吸いたくて、仕事中にコンビニへ買いに行って倉庫で立て続けに吸った煙草の味は、生涯忘れないだろうってくらい、うまかった。自分の銘柄だし、この匂いは、私の青春の匂いだ。しかし、帰り道で、ああ、肌が荒れる、なんて​後悔する。こんなことはもちろん喫煙者だった時は考えもしなかった。

この文章を書きながら、時々頬杖をついているけれど、その度に自分の顔の輪郭が変わったことを感じてしまう。時々、指摘されたり、思い当たったりする、完璧主義について。完璧主義といえるほど、完璧にはできない。完璧主義にはとうていなれない、と考えていて、その思考が完璧主義的なのでは?と今日、思い当たった。同じことを、頑張り屋だとかいう言葉にも感じる。全然、できない、もっと、頑張れる。そして、もう、なにもできない。極端な考え方ばかりする癖があるということは、実感している。理想や目標という言葉。まあ実際、完璧主義でも頑張り屋でもなく、時々、強迫的になる、といったところ。

一昨日、富士急ハイランドに行って、首を痛めた。寝不足からか、体調不良か、どうも目眩や吐き気がして、頭がボヤボヤする。頭に霧がかかったようになるのは、鬱だ。それじゃないだろうと思うけど、体に異変が現れてからだと止められない。

ちょっと前に、すごくすごくショックを受けて、魂が抜けたみたいになったのだけど、その感情を私は受け止めることができないと考えた。反省も後悔も納得もすべてが現段階では無理だと。だから、いずれ何かの形で不具合が出て来る可能性はあるかもしれないけど、一旦封印することにした。こういう風にすることは、これまではあまりなかった。胸と頭に風穴があいたような感じがして、痛かったので、まずい、体に出てきている、と、私は自分の心に、セメントだか漆喰だか、そういうのを塗りたくるイメージをし続けた。穴を閉じて埋め立てる。そして、よく言われるように、眠り、食べ、運動するというようなことを、素直にやった。そうしたら、みるみる回復して、思ったよりずっと引きづらなかったし、なんなら克服してしまったかのような気持ち。封印したつもりが、結果的にずっと早く整理もついたように思う。ライフハック。成功例だ。

だんだんよくなるんじゃなくて、よくなったり悪くなったりしながら、長い目でみて、よくなっているんだと言い聞かせる。けれど、実際のところ、本当にそうか?まだ、折り返し地点までも行って無くて、これからが本番なんじゃないのか?と時々おもう。

自分を労うみたいな言い訳に甘えすぎて、信じられないほど太った。人から指摘されるほど。体重は、私にとって生きがいになっている。それは、痩せても太っても。そうとしか思えない。その程度には支配されているから。鏡を今は見れない。今はまあまあ最悪だけど、もっと最悪な時も全然あったから、大丈夫、と思える。まさかこの年齢で摂食障害になるとは思わなかった。原因を探っても意味はない。きっかけならダイエットだろうけど。そして、辿る道順も殆どスタンダードだ。他の悩みのタネの根本も、ここから始まったとおもう。

なんでこんなに自己評価が低いのかわからない。事実は無関係だろうと思う。自己否定にナルシシズムが含まれていないか、自分で見張っている。自分を丸投げしたくなる。どっちでもいいから、と。はい自己陶酔〜!こんな感じ。これも疲れる。全ての問題がいっぺんには来ない。家族や仕事や友情は、文句なし。恋愛にも不満は無い。ただお酒の問題や躁鬱はそれよりずっと重い。そしていつもベースに、食べ物に対するコンプレックスがある。まさか自分が、こうなるとは、と思うようなことばかりだった。それで、頼むから、もうこれからはよくなる方に向かっていると思いたい。

感受性や繊細ということじゃないとおもう全く。精神に筋肉みたいなものがなくて弱いということか。だから恥ずかしいことだよ。根性、根性と唱えているけれど、それもアホらしい、たぶん方向が間違っているのだろう、もしくは視野とか。いつもそんなところだから。いや技術?でも訓練は好きだ。言葉も。訓練すれば、できるようになる。