養命酒を飲んだら人生変わった

養命酒を飲んだら人生変わった。おおげさじゃない。それまでもう方法は一つしかないと思うほど疲れてた。精神的にではなく、体が疲れる。体が疲れるせいで、物をほとんど考えられない。こんな風になることはこれまでも無くはなかった。でも一時的、少なくとも季節をまたぐことはなかったから、去年の夏頃から続く夏バテのようなダルさの原因をずっと考えてた。

朝、目が覚めた時点でもう吐きそうである。どうしてこんなに具合が悪いんだと机を拳で叩きたくなる(その元気はない)肩から上が重い。楽なパート、アルバイトでこんなに疲れてるって言うのか?もっと大変な人はいくらだっているだろう?どうしてるって言うんだ?って言っても、まあ慣れたらどうにかなるだろう、掃除洗濯料理、(何よりめんどくせーのは、買い物だ)やってれば、そりゃ疲れるのかもしれない、これまでやってなかったんだから、と思ってたが、慣れるどころか、時の過ぎる分だけ疲れが溜まる一方だ。

運動すればスッキリするんじゃない?だって?マジかよ。これでランニングなんかしたら死ぬんだよ。出勤して、まずゲロ吐きそうなんだぞ。疲れて疲れて窓拭きながら泣いてるんだよ、ほんと。なぜこんな疲れるんだよ!

そこで養命酒を買ってもらった。生まれて初めて養命酒を飲んだ。今まで漢方は効いた試しがなかったので、あんまり好きじゃないです。効いてもなんかいいかな?程度だろうと思ったが、藁にもすがる思い、キャップ一杯飲んで寝た。味はイエガーだなと思った。イエガーマイスター。薬草だもんな…。でもまさかね、翌朝から、こんなに効く訳ないだろうってくらい、効いたんです…。

ここ半年で一番、元気な一ヶ月を過ごしました。特に翌朝のことは忘れられません。目が覚めた瞬間に「違い」感じました。こんなにスッキリ目が覚めたのは…。もう体が軽い軽い。無駄に二歩、三歩ステップ踏んでしまう、そうだった、小学生くらいの頃はこのくらい元気だったかもしれません。なんか景色すら違って見える。すれ違う人が微笑んでる気がする。感動して涙が出そうだった。もしかしたらこれで生きていけるかもしれないって思った…。

なぜ養命酒がこんなに効くのか?私が飲んでいるのは本当にただの養命酒なのか?こんなにスピリチュアルになるものか?ただ、ここまで効果を実感できたのは、おそらく私がスッカスカの状態だった最初のうちだけで、その後すぐに、「涙が出るほど元気」というほどでは無くなった。寝覚めはいいし、やっぱり以前よりはずっと元気になった。だけど…だけどあの、初めて試した日の翌朝の…体中にみなぎる光のようなものに…もう一度だけ包まれてみたい…。