台風15号 覚え書き

実家に帰っても手伝えることないよなあとは思ったものの、帰ってきてくれたら嬉しいよ、と母が言うので、どうやって帰るか考えてみた。自力で帰るには電車が止まっている、と思っていたら、仕事が終わるとちょうど電車が動き、本数も通常通りだったので、いつもと同じように帰れた。駅が停電していたけれど。

帰った頃には、ちばテレビ?ってくらい千葉のことをテレビでやってるし、馴染みのところも映るので、知り合い映りこむんじゃないか…なんて、テレビ見ていた。電波がないので、携帯電話はただの時計。でも、何キロか行ったところは電波もあったりする。

祖父が部屋に専用の固定電話を引いていて、今回はそれが役に立った。固定電話には迷惑電話ばかりかかってくるし、叔父がオレオレ詐欺の電話取ったりしてたので、何年も前に解約してしまったのだけれど、そういえばと、祖父の部屋のFAXも付いていないただの「電話」を停電が解消された時につないでみたら使えたので、これで連絡を取り合っていた。

しかし風呂は壊れていた。それから買ったばかりの自動車のリアガラスが割れると言うか、全部無くなっていて、すごく風通しが良くなっていた。保険を使うにはレッカーを呼ばなきゃならないらしいんだけど、レッカーや代車も今は全部出払っているみたいだった。スタンドでバイトしてた時に修理工場の知り合いがいたので積載車頼んでみたらすぐにきてくれて助かった。

バイクで近所を走っていると、そこらじゅうの電柱が壊れていた。かなりの台数、それを直している車ともすれ違った。確かに二週間とかかかるかもしれないと思った。杉の木が折れまくって、それが電線に引っかかってしまう。

ATMも停電で使えないところあるので、財布にお金なかったらまずい。携帯の充電はソーラーのたくさん充電できるやつがあるといい。ラジオもソーラー使っていた。携帯の電波の繋がりやすさでは家族と友人の中だけだけど、三大キャリアだとドコモ、auソフトバンクの順で繋がりやすかった。仮に都内だったらそんなに関係ないのかもしれない。今のところ家の中ではドコモだけが電波がある。停電してる地域にはかなりむらがある。近所でも向かいの家は停電してたりする。駅前や大通りの信号は点いていたけど、奥の方に入ると暗いところも多かった。お店の食べ物は昨日、今日はもう普段通りに揃っていた。三日前にコンビニに行った時は棚に「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」以外は何も見当たらなかった。