夏休み日記(19)

もう八月が終わっちゃう。バイト終わって帰宅したらビール飲んでスコンと寝てしまった。そんなに疲れてるつもりはないが、慣れるまで少しは体が緊張するのか。家のことを少しやったら速攻で一日おしまいだ。やりたいことをするだけの時間を作って集中できるのも才能のうちだろう。集中力はどんどん無くなっていく。生活を回すだけで精一杯になっていく。考えるのを先延ばしにしているうちに新しい問題が立ち現れる。簡単なはずのことがどうしても出来ない。一番大切な人に電話するようなことが、できなくなる。会いたい人に会うだけの時間が一生持てなくなってしまう。遠くで思うだけだ。