夏休み日記(2)

飲食店でバイトを始めたんだけど、高校生の頃みたいに「辞めよっかな…」って思ったりする。なんか、十代の頃って何のバイトしてもすごく気が重かったよなあ。『今日こそ辞めるって店長に言うんだ…!』っていつも思ってた気がする。早朝のコンビニバイトを無理に人と変わらせられた時、怒りの行き場がなくて壁殴ったもん。そのはずみで階段から落ちちゃって、天罰かよ!って、なぜか覚えている。今は物に当たったりしませんが。枕だって投げないよ。ハンカチも噛まない。

他に行き場があるわけじゃない。ここで受け入れてもらえたんだからここでやってくんだ。みんな優しくしてくれる。それは本当にそうなんだ。他に行き場なんてないんだから。誰にも見つからないようにやるんだ。