胃が痛くて目が覚めた。凄まじい痛みで寒気がし、寝返りをうつこともできない。冷蔵庫にあった叔父の料理が油っぽかったようだ。と、分かるまでに、あまりの痛さに訳がわからなかった。ここ最近は胃が痛むことはあまりなくなっていたので油断していた。夜に目を覚ました。体がガチガチになっている。食事、風呂、体を少し動かして、整えていく。喋りすぎたのか煙草を吸ったからか喉が痛む。昨晩の恥ずかしいことを思い出して思考に隙ができるとアアッ!と声に出てしまう。発作だな。昔、バイト先の人に、翌日にぐずぐず落ち込んでいたところを、それも二日酔いの一種で、俺は年齢で克服した、と言っていた。でもやってることは年々ひどくなっていると思う。

二世タレントに似ている、と昨晩だけで三人に言われた。十代の頃から言われるし、自分でもわかる部分があるのだが、褒めていることになるかというと、全然そんなことはない、ので、(ブスと言われているのと同義だと感じる)わざわざ言わなくてもいいのになと思うのだが、言いたいのだろう。芸人に似てるとか別に褒めて無くても私も言うことあるもんな。人のこと責められないよな。けど3人目で、もういい加減にしろよ…的な感じになった。

関心の持てない人と会話するのがきつい。お互いに関心を持てる人も少ない。馴染みの人と話したい。ただ、話し合えることじゃないんだな、と思うことが増えた。色んなことを何でも話したりしてたししたいと思ってたけど、宗教とか政治のことみたいに、あれもこれも、話し合えることじゃなかったんだな、と感じることが多い。だいたい酒飲んだら話なんてできない。意識的に黙ろう。口数を減らそう。そうすると、会う意味あんまりないけど。苦手なことがどんどん増えてっちゃうなあ。