夏休み日記 

捏造でもいいから明るく書くか。だいたい、自分は体育会系で根明みたいななりして考えてることが暗すぎる!!

下高井戸で少し飲む。永福町に彼氏が住んでいた時は、西友に来るために下高井戸までよく自転車を漕いだ。永福町から下高井戸へ行くにも、明大前に行くにも、方南町に行くにも、つまりどこへ行くにも坂を上がらなきゃならない。時々ならいいだろうが、ウーバーイーツの配達をやってる時はこの坂がきつかった。下高井戸に行く途中に寺があり、そこに今日の格言みたいな言葉が書いてあって、「欲は全ての悪の始まり」だったかな。そんなようなことが書いてあり、クッソー!と思いながら立ち漕ぎしたもんだ。方南町のマックもピックに行くことが多かったけど、マックの前で待機していると鳴らなくて、なぜか今日はもうお終いかなあ、なんて思って坂を下り始めるとピックが鳴るもんだから(ある程度離れてる方が鳴るんだっけ、それとも偶然?)何度も何度も坂を登った。方南町から配達となると、どこへ行くにもまた坂だった。で、下高井戸で時々ピックに行ったバーガーキングは閉店していた。

三宅唱監督ワイルドツアーを見に行く。見逃したと思っていたので、見れてよかった。面白かった。山口県で撮られた映画で、山口弁をみんな話すのだけれど、漫画「瞬きもせずに」を思い出した。いや、もうあんまり覚えていないか。

本二冊を読み終える。ここまで全然明るくないな。暗くもないか。っていうか書くほどでもないことすぎる。12時間働く日々のことを何をしていても忘れられない。明るく言えば…胸がドキドキする。淀んだ気持ちがときめくよ。

十年前の夏よ

昔、働いていたお店のお客さんと従業員の皆で仕事終わりに飲みに行った時、ふと気づくと、長い間カナダに住んでいたという、男前と二人きりになっていた。カナダにまた住みたい、というのが口癖だった。君の故郷は何があるの?と言われて、別に何もない、と答えると、じゃあ何して遊ぶわけ?と聞かれて、ボーリング、と答えたら、それって退屈って意味だけど、と言われた。つまらない、って意味の、boringを知らなかった。居酒屋の狭い二階席のカウンターに立ちながら、退屈な故郷と、遠いカナダを一緒に思い出した気がした。そのボーリング場も、今じゃ無くなったけど。

 

十年前の2009年は冷夏だったはずと思って調べてみると正解だった。マイケル・ジャクソンが死んだ年っていう風に覚えている。その頃はボーリング場もまだあった。私はバイト終わりに男友達の家へ泊まって、実際、友達っていうわけでもなかったが…。Tシャツとジーパンをどれでもあげると言われて着て帰った。Tシャツもジーパンも随分デカかった。その男友達が着てもおそらく。帰り道で、この服は盗品なんじゃないかと思い当たった。この夏が終わりさえすればと思った。そうしたらきっと思うようになると信じていて。私のいいように思う占いではそのはずだった。『俺はこれからがいよいよ俺なんだ』って。ずっとそう思い続けてきた。今はそのいよいよが今こそで、「俺はこれがいよいよ俺なんだ」って思うしかない。いよいよこれが俺の人生いっぱいか?

あなたとどこかで愛し合える予感

八月は毎日日記をつけようかな。夏休みの日記みたいな感じで。中学校を卒業してから、三年間担任だった先生にクラスメイトと会いに行ったら、「君たち毎日夏休み」と言われたんだった。高校を早々に辞めてしまったから。今もその夏からずっと夏休みなんだかな。以前は、夏になると人が多いとか道が混むとか思ったものだけど、毎日学校や仕事に行ってる人たちが休んでいるんだから、自分こそ道をあけ邪魔をせずにいようと今は思う。夜になってからスーパーへ行く。だいぶ涼しい。静かだし。なんか生きてる心地がしねー最近。

 

バーニング劇場版を映画館でもう一度見る。2月に見たときはほんと、傷ついたんだと思う。映画を見てこんなに落ち込むか?ってくらいになったもの。今回見たらケロッとしている。二度目だからか、自分が変わったのか。この映画が本当に好きだ。

翌日、天気の子を見に行く。「君の名は」を二度見ても良く分からなかったのは、劇場で集中して見なかったせいもあるんじゃないかと思っている節があるので、今度は万全で行く。面白かった。一番好きな場面は、ラブホテルのカラオケで恋するフォーチュンクッキー。「未来はそんな悪くないよ」ほんとかなあ。

運勢、今日よりも良くしよう 人生捨てたもんじゃないよね

切ないな。

立ち仕事でヒールだと足が痛い。少し歩ける時ならまだいいが、突っ立ったまま一日中だと、家に帰ってベッドに横になっていても、足の裏が痺れたままでいる。


行きと帰りだけスニーカーを履いていくことにした。駅のホームでカバンからビニールに入ったスニーカーを放り出して、コソコソ履き替えたりしてるのは、少し恥ずかしいけど、もう、なりふり構っていられないくらいなんだ。


働いている時だけでなく、駅でも、中国語話せる?と中国人に聞かれることが度々あるので、私は中国人っぽい特徴をどこかに持っているんだろうか?と考える。そうだったらいいのに。


英語もわからないけど、何かを伝えたくてめちゃくちゃに出てくる英単語は、昔、好きなバンドとか、歌の歌詞を覚えたくて、とかで、大半を記憶している。たぶん、Phoenixとか。だから、long time no seeとか。まあ、久しぶりって、まずは言える用意はあるんだ。